低血糖の症状と改善方法

血糖値が異常に高いままの高血糖症や糖尿病は問題視されますが、低すぎる低血糖も同様に問題です。一般的に血糖値が60から70mg/dL以下だと低血糖です。低血糖の原因で多いのがインスリンや経口血糖降下薬の過剰投与、空腹時の飲酒、食後高血糖の反動などがあります。

血糖値が低すぎるとグルカゴン、アドレナリンなど拮抗ホルモンが分泌されて適正値に上がりますが、糖尿病の方は拮抗ホルモンの分泌能力も低いんで低血糖になりやすいようです。

「低血糖の症状と改善方法」の続きを読む…

低血糖になると脳に糖の供給が低下し眠気がくる?

脳にとってブドウ糖は唯一のエネルギー源です。他の臓器はブドウ糖が足りなくなるとタンパク質や脂肪を燃焼させてエネルギー源にできますが、脳はブドウ糖しか取り込まない仕組みになっています。しかも寝ている間も脳はブドウ糖を消費し続けています。

安静な状態で脳が消費するブドウ糖は1時間に5g、1日に120gにもなります。しかも脳はブドウ糖の保存がほとんどできないので、24時間休みなく供給する必要があります。血糖(血液中のブドウ糖)の約50%は脳が消費すると言われるほど大量にブドウ糖が必要です。

「低血糖になると脳に糖の供給が低下し眠気がくる?」の続きを読む…

低血糖になった時のために!何を準備しておけばいい?

特に1型糖尿病でインスリン製剤を使用中の方は、体調や生活状況によって低血糖になる事も多く、日頃の準備が必要です。

急な低血糖のために準備しておくもの

まずはブドウ糖を準備しましょう。口に含むと溶ける粒状や錠剤になっているもの、水に溶けやすい結晶状のものや、ゼリー状のものも市販されています。もしブドウ糖がなければ、ブドウ糖を多く含むコカコーラやファンタグレープ又はオレンジなどの清涼飲料水でも良いです。

「低血糖になった時のために!何を準備しておけばいい?」の続きを読む…

低血糖の症状が起こった時は砂糖を飲んで対処しよう!

血糖値が70mg/dL以下の低血糖状態になると、異常な空腹感や激しい動悸、手の震えなどの症状が表れる事もあります。そんな時はすぐに15gから20gほどの砂糖を摂取する対処方法があります。

もしも手元に砂糖がなければ、糖分を多く含むジュースでもいいです。それで症状が治まるか15分ほど様子をみて、続くようでしたら更に砂糖を追加します。まだ意識がある軽い低血糖症のうちに対処を行えば回復も早くなります。

「低血糖の症状が起こった時は砂糖を飲んで対処しよう!」の続きを読む…

低血糖は子供に多い病気!?どうやって防げばいい?

夜の寝付きや朝の寝起きが悪くて食欲もない。ぐずったりする事が多く、集中力がもたない。忘れ物が多い。不機嫌で怒りっぽい。もしもこういう症状が子供に出る事が多かったら、原因に低血糖症があるかもしれません。オトナは54mg/dL以下が低血糖ですが、小さな子供の場合45mg/dL以下が低血糖症です。

「低血糖は子供に多い病気!?どうやって防げばいい?」の続きを読む…

低血糖発作が起きたときの対処法と発作が起きないためには?

インスリンの誤用投与や空腹時の運動、カロリーを消費する入浴や飲酒、不十分な食事量などが原因で低血糖状態になると様々な症状が発作的に表れてきます。それに対してどのように対処すればいいのでしょうか。

低血糖による発作時の対処方法

低血糖状態では、まず手の震えや激しい動悸などの発作がありますので、不足するブドウ糖を補給するために角砂糖等をなめる対処法があります。もし角砂糖等が手元になかったら、ブドウ糖や果糖を含む缶ジュースなどを150mlLから200mL飲みます。

「低血糖発作が起きたときの対処法と発作が起きないためには?」の続きを読む…

激しい動悸や手足の震えは低血糖が原因!?

原因不明の激しい動悸や手足の震え等の症状が表れる疾病は何種類かあります。たとえば自律神経失調症がそうです。女性の場合、激しい動悸など自律神経失調症の症状が出る疾病として更年期障害がよく知られています。

激しい動悸や手足の震えの原因

しかし更年期障害は、ある程度お年を召した方に多い病気ですし、若い方が婦人科で診察を受けても異常はなく、原因不明でお悩みの方も多いようです。その他、パニック障害でも激しい動悸や手足の震えが起きることがあります。

「激しい動悸や手足の震えは低血糖が原因!?」の続きを読む…