上がった血糖値が下がらない原因

上がった血糖値が下がらない原因はすい臓の機能低下にあります。元々血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありませんので、そのインスリンを分泌するすい臓の機能が低下してしまうと血糖値を下げる働きも低下してしまうのです。

血糖値が下らない理由

人間は空腹の歴史が長い種族ですので、血糖値を上げるホルモンは複数ありますが下げるホルモンは一種類しかありません。その為、一つの機能が低下してしまうと調整が難しくなってしまうのです。

対策としてはインスリンを体内に摂取し、すい臓でインスリン分泌を少なくする方法などがあります。すい臓への負担は血糖値を上げる食生活を控えることで少なくする事が出来ますので、血糖値の心配がある場合は食生活の見直しなどを行っていきましょう。

「上がった血糖値が下がらない原因」の続きを読む…

肝臓の機能が低下すると血糖値が変化しなくなる!?

肝臓の機能は代謝の他に解毒と分解、それにエネルギーを貯蔵する、この3つの働きが主な機能となっています。もし肝臓の機能が低下した場合、飲酒も制限されますし食事制限も必要になっていきます。

肝臓機能と血糖値の関係

肝臓は丈夫な臓器ですが衰えることによる被害は甚大ですので、あまり過信せずに体は大切にしていきましょう。また肝臓の機能が低下することで糖尿病も悪化すると言われています。

肝臓の機能の内貯蔵の機能はブドウ糖をグリコーゲンに変更し貯蔵する機能ですので、肝臓でも血糖値を下げていることになります。体内の余った糖分を吸収、貯蔵してくれる肝臓の機能が低下すると血糖値は下らなくなりますので、変化はなくなる結果になってしまうのです。

「肝臓の機能が低下すると血糖値が変化しなくなる!?」の続きを読む…

痩せても血糖値は一緒に下がるわけではない!?

血糖値が高い人は肥満である場合が多いですが、痩せている人で糖尿病患者がいないわけではありません。その為、痩せれば自然に血糖値が下がるのかというと必ずしもそうではないのです。

痩せても血糖値が下らない理由

元々血糖値が高い理由はすい臓の機能低下にありますので、糖尿病になりすい臓の機能が低下してしまっている状態では痩せても血糖値が一緒に下がるわけではありません。

「痩せても血糖値は一緒に下がるわけではない!?」の続きを読む…

肥満になると血糖値が下がりにくくなる!?

肥満の状態は常に摂取カロリーが多い状態であり、それ故に糖分摂取量も多くなっている場合が多いですので、肥満である場合は血糖値が下がりにくい状態となっています。

逆に肥満症ではインスリンの効果に耐性のあるインスリン抵抗性が起こりますので、通常はインスリンで下がるはずの血糖値が下がりにくくなってしまいます。

肥満は血糖値を下げにくくする

また肥満である人ほど肝臓由来のホルモンのへパトカインが多く分泌されると報告されているおり、インスリン抵抗性の他に脂肪蓄積や動脈硬化のリスクを上げるなど健康上害になる要素が多くなります。

「肥満になると血糖値が下がりにくくなる!?」の続きを読む…