血糖値が高くなると糖尿病予備軍になってしまう?

糖尿病予備軍とは糖尿病の一歩手前の状態であり、境界型とも呼ばれています。糖尿病の検査ではブドウ糖を飲んだ後の血糖値を測定する検査があるのですが、空腹時血糖が110未満、ブドウ糖を飲み二時間後の血糖値が140未満では正常になります。

糖尿病の数値はどのくらいで予備軍になるのか?

その為、空腹時の血糖が110以上126以下、試験後の血糖が140以上200以下の値が予備軍になります。これ以上の血糖値である空腹時126以上である場合は糖尿病という診断になります。予備軍は糖尿病ではありませんが、糖尿病になりやすい生活習慣をしており、現在の生活を継続した場合糖尿病になる可能性も高いです。

「血糖値が高くなると糖尿病予備軍になってしまう?」の続きを読む…

空腹時の血糖値が高いと糖尿病を発症するリスクが高まる!?

空腹時の血糖値が高い場合は食後の血糖値はさらに高い数値になり、空腹時でも血糖値が高いということになります。

空腹時血糖が高いと糖尿病になりやすい理由

空腹時の血糖値が高い原因としてはインスリンの分泌機能が低下していることです。この空腹時の血糖値は100未満が正常値であり126以上になると糖尿病と言われています。

血糖値が正常である場合は食事の後のインスリン分泌になり血糖値は下がっているはずですが、空腹時血糖が高いということはインスリンで下げきれなかったという事を意味します。この状態では境界値であっても血糖値が高い状態を維持していることになりますので、糖尿病の発症リスクは高くなります。

「空腹時の血糖値が高いと糖尿病を発症するリスクが高まる!?」の続きを読む…