糖尿病の過剰な薬物治療は低血糖を引き起こす!?

糖尿病で行われる治療には、食事療法運動療法、薬物治療とありますが、このうち注意しておきたいのは薬物治療です。

糖尿病における薬物治療は適切に行えば問題ありませんが、食事との連携を無視したり、服用方法を間違えると低血糖を起こしてしまうこともあるため、この点を注意しなければなりません。

高血糖が続くために薬物治療を行う方は、どんな方法があるか、またどのように注意すべきかについて学んでおくようにしましょう。

「糖尿病の過剰な薬物治療は低血糖を引き起こす!?」の続きを読む…

高血糖が続くと腎症に!?食事治療で肝臓をいたわろう!

長期にわたる高血糖状態は糖尿病を招く要因となりますが、糖尿病になると三大合併症になる可能性もあり、この合併症にも注意しなければなりません。ここではそのうちの一つ、糖尿病性腎症についてその危険性と予防法について考慮してみたいと思います。

糖尿病性腎症の危険性と対処法

糖尿病性腎症は糖尿病の三大合併症の一つで、腎臓の機能が徐々に低下していく病気です。進行が進めば腎臓がほとんど機能しない状態、つまり腎不全に陥り、人工血液透析療法によって器械で血液をろ過しなければならなくなります。ここに至ると大変重篤な状態となるため、こうならないように予防することが必要になります。

「高血糖が続くと腎症に!?食事治療で肝臓をいたわろう!」の続きを読む…

高血糖が続くと意識障害になりやすい?

高血糖が続くと糖尿病になりますが、その糖尿病の中でも特に注意したいのは、高血糖昏睡と呼ばれるものです。

糖尿病にも比較的軽いものから重篤な症状までいろいろありますが、この高血糖昏睡は、文字通り意識を失ってしまう症状であり、かなり危険な状態に置かれることを意味します。したがって高血糖昏睡がどのようなものか、どんな対処や予防ができるかについてよく学んでおきましょう。

「高血糖が続くと意識障害になりやすい?」の続きを読む…

糖尿病の原因は血糖値が高いから!?それ以外にも原因が?

糖尿病になる原因と言えばただ一つ、血糖値が高くなるからだと思っている人もいます。確かにそれは大きな原因の一つではありますが、しかし、実は糖尿病になる原因はそれだけではありません。

血糖値が高くなること以外にも糖尿病になる原因がありますので、そちらにも注意を向けておかなければなりません。その他の原因とは、遺伝因子と呼ばれるもので、これは文字通り、親から子供への遺伝によるものです。

「糖尿病の原因は血糖値が高いから!?それ以外にも原因が?」の続きを読む…

高血糖状態が続くと合併症の危険性が増す!

高血糖が続くと糖尿病になることはよく知られていますが、糖尿病で恐ろしいことは、合併症になることです。

この合併症にはいくつか種類がありますが、その多くが重篤なものであり治療するのはとても大変になるので、決してこれを軽視せず、糖尿病の合併症にどんなものがあるのか、また対処法はどうすればいいかについて、あらかじめ学んでおかなければなりません。

「高血糖状態が続くと合併症の危険性が増す!」の続きを読む…

血糖値が高くなると目の病気「網膜症」になる危険性がある!?

高血糖のリスクには糖尿病などいろいろなものがありますが、網膜症もその一つです。高血糖による網膜症は糖尿病網膜症といわれ、糖尿病の3大合併症の一つにも数えられています。

視力低下など各種異常をきたす症状があり、場合によっては失明にいたることもあるほど危険な合併症です。したがって血糖値が高くなりやすい傾向にある人は、この網膜症についても警戒しておかなければなりません。

「血糖値が高くなると目の病気「網膜症」になる危険性がある!?」の続きを読む…

高齢者は高血糖になると脱水症状を感じにくくなる!?

急激な高血糖症状には脱水症状がありますが、若い人の場合はその症状に気付きやすく早めに対処することができますが、高齢者の場合はこうはいきません。

高齢者の場合はむしろ脱水症状に気づくのが遅く、若い人ならすぐに自覚できるものも見過ごしてしまい、結果、重篤な症状に陥る場合もあります。したがってこの点、急激な血糖値の上昇については特に高齢者の場合に注意を要するといえます。

「高齢者は高血糖になると脱水症状を感じにくくなる!?」の続きを読む…

食事してもすぐに空腹感を感じると反応性低血糖の危険性がある!?

反応性低血糖とは、ブドウ糖を補給した後の血糖値が急激に上がりその後血糖値の低下も急激な状態である状態を言います。

この状態では血糖値の急激な変化が起きるのが特徴であり、不安感やイライラなど感じる場合が多くあります。中には統合失調症やパニック障害などの診断を受ける場合もあり、血糖の急激な変化は脳にも影響を与えています。

反応性低血糖と空腹感

食事をしても二時間ほどで急激な空腹感を感じる場合、この場合はインスリンの分泌が正常でないケースもあります。この場合糖尿病である可能性が高いですので危険な状態と言えます。

「食事してもすぐに空腹感を感じると反応性低血糖の危険性がある!?」の続きを読む…

症状無自覚性低血糖になると手足が痺れていても自覚がない!?

無自覚性低血糖では自律神経の異常により起こる手足の痺れなど、本来起こる低血糖症状がでにくい状態になります。

無自覚性低血糖では自覚症状がない

手足のしびれなども低血糖症状の一つですので本来は手足の痺れなども感じるはずです。ですが無自覚性低血糖である場合は意識の喪失など介護が必要な状態にまで一気になってしまいます。

この無自覚性低血糖は低血糖の期間が長い場合や、自立神経に異常がある場合などに起こりやすい状態です。低血糖状態では集中力の低下なども起こりますので、低血糖かもしれないと感じたら糖分を補給する、そういった生活をすることになります。

「症状無自覚性低血糖になると手足が痺れていても自覚がない!?」の続きを読む…

低血糖をくり返していると無自覚性低血糖になる!?

無自覚性低血糖とは低血糖の自覚がなくなる事を意味し、本来は低血糖の際に起こる症状である震えや冷や汗が出にくくなっています。他に顔面蒼白や頻脈など気が付きやすい症状も多いのが特徴です。

無自覚性低血糖になる理由

ですが無自覚性低血糖ではこれらの症状が起こりにくく、気が付かない内に血糖値がかなり低下してしまう場合もあります。この低血糖症状が起こらない原因としては自立神経障害があり、自律神経に関する疾患を持っている人は症状が出にくくなってしまいますので注意が必要です。

「低血糖をくり返していると無自覚性低血糖になる!?」の続きを読む…