血糖値が高くなると敗血症になりやすい?

血糖値が高い状態にある人は、糖尿病になることだけではなく、敗血症になることも注意しなければなりません。敗血症は感染症の一種ですが、細菌が原因の感染症では最も重い病気といわれ、緊急治療が必要になるほどの恐ろしい病気です。

症状は悪寒を伴う発熱が多いのですが、重症に至ると体温が低くなる場合もあります。また敗血症では、血圧が低下することで意識障害に陥ったり、多臓器障害を起こすことさえあります。こうした意味で、糖尿病から敗血症になると厄介なので、予防するよう努めなければなりません。

「血糖値が高くなると敗血症になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると脳下垂体機能亢進症になりやすい?

高血糖が続くことで恐いのは糖尿病になることだけではなく、それに関連した合併症や余病にかかることでもあります。

糖尿病に関連した合併症や余病はとても多く、やけどや敗血症をはじめ、悪性腫瘍、冠動脈疾患、脳炎、肝疾患、甲状腺機能亢進症、関節炎、多発性硬化症、副腎質機能亢進症、脳下垂体機能亢進症などがあります。どれも重大な病気ばかりですが、ここでは脳下垂体機能亢進症について考えてみたいと思います。

「血糖値が高くなると脳下垂体機能亢進症になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると脳炎になりやすい?

血糖値が高い人は糖尿病のことだけ心配していればいいと思うかもしれませんが、そうではありません。糖尿病になると他の余病にかかることもあるので、そちらにも注意しなければなりません。

例えば、糖尿病患者がインフルエンザになると肺炎や脳炎に移行してしまうことがあり、これは大変危険です。脳炎といえば、発熱やけいれん、意識障害などが主たる症状として知られていますが、進行することでさらに深い意識障害やけいれんを起こすこともあります。したがって、脳炎にならないようにするためにも、血糖値の高い状態を改善する必要があります。

「血糖値が高くなると脳炎になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると多発性硬化症になりやすい?

血糖値が上がる病気といえばすぐに糖尿病をイメージする人も多いと思いますが、血糖値が上がる病気には多発性硬化症もあります。多発性硬化症は中枢神経に炎症が起きる病気で、血糖値の症状によって引き起こされることがあるため、糖尿病と間違われることもあります。

この病気は20~40代の若い白人に多いといわれ、日本人でなる人は少ないともいわれますが、しかし、糖尿病と多発性硬化症では病気の種類が違うので、その違いをよく見分ける必要があります。

「血糖値が高くなると多発性硬化症になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると甲状腺機能亢進症になる?

血糖値が高くなる病気といえば糖尿病だけかと思われるかもしれませんが、実はそれ以外にも血糖値が高くなる病気があります。それは甲状腺機能亢進症と呼ばれる病気で、これは一般にバセドウ病とも呼ばれています。

この甲状腺機能亢進症は、甲状腺が働き過ぎになる病気のことで、体のいろいろな機能が加速されてしまうのが症状の特徴です。

原因には、グレーヴス病や甲状腺炎などいくつかありますが、中には血糖値が高くなるということもあります。したがって糖尿病に間違われやすい病気でもありますが、決して甲状腺機能亢進症は糖尿病ではないので、正しく見分ける必要があります。

「血糖値が高くなると甲状腺機能亢進症になる?」の続きを読む…

血糖値が高くなると関節炎になりやすい?

血糖値が上昇して恐いのは糖尿病になることだけではなく、それ以外の余病にかかる可能性もあるということです。糖尿病の余病といえば、網膜症などの三大合併症がありますが、それ以外にも関節炎などの余病があります。

もともと関節炎じゃなかった人でも、糖尿病で血糖値の変動が起きると、それによって関節に強い痛みを感じることがあるのです。ですからこの問題についても糖尿病と同様に真剣に捉えておく必要があります。

「血糖値が高くなると関節炎になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると肝疾患になりやすい?

血糖値が高くなると肝疾患になりやすいといわれますが、それはどうしてなのでしょうか?その理由は血糖値と肝疾患が相互依存の関係にあるからですが、この二つはとても密接に関係し合っているのです。

まず肝臓機能が低下すれば血糖値が高くなりますし、逆に血糖値が高くなれば肝臓機能が低下してしまいます。このように密接な関係にあるため、高血糖と肝疾患は切り外すことができないのです。

「血糖値が高くなると肝疾患になりやすい?」の続きを読む…

血糖値が高くなると感染症にかかりやすくなる?

糖尿病になる人は三大合併症に注意しなければなりませんが、それと同時に感染症にも注意する必要があります。例えば、かぜ、歯肉炎、皮膚炎、腎盂炎、膀胱炎、肺炎といった感染症にかかりやすくなることが知られており、しかも糖尿病の場合は重症化しやすいため注意が必要です。

血糖値が高いと感染症にかかりやすい理由

では、なぜ糖尿病だと感染症にかかりやすいのか、原因はいくつもありますが、ここでは3つの原因を考えてみましょう。

まず第一に免疫反応が低下してしまうことがその原因となっていますが、本来は免疫反応が正常であれば一度感染した病原体に対して抗体が作られるものですが、それができずに新しい病原体の侵入を許してしまう結果となります。

「血糖値が高くなると感染症にかかりやすくなる?」の続きを読む…

血糖値が高くなると冠動脈疾患になる?

血糖値の上昇は、糖尿病だけにとどまらずさらなる合併症を招く恐れがあるため、その合併症にも注意を向ける必要があります。例えばその一つが冠動脈疾患ですが、これがどのように発症するのか、そして治療法や予防法にどんなものがあるのかについて、考えておく必要があります。

冠動脈疾患の治療法

糖尿病から冠動脈疾患を合併してしまったら、どのような方法で治療することができるか、それについて調べておきましょう。

治療は大きく分けて3つありますが、治療の基本である薬物治療、手術、患者自身の取り組みとなります。薬物治療では、何種類かの薬を用いて行われ、投薬によって症状を軽減させることができます。

「血糖値が高くなると冠動脈疾患になる?」の続きを読む…

血糖値が高くなると悪性腫瘍になる?

血糖値が高くなると糖尿病になるというのはよく知られていますが、しかし、血糖値上昇による病気は糖尿病だけではありません。

他に、悪性腫瘍、敗血症、建設円、多発性硬化症、冠動脈疾患副腎質機能亢進症、農園、脳下垂体機能亢進症肝疾患感染症甲状腺機能亢進症などになる恐れもあります。

こうした病気は血糖値が160mg/dl以上の場合に起こりやすいといわれ、血糖値上昇による病気としてはいずれも症状の重いものばかりです。

「血糖値が高くなると悪性腫瘍になる?」の続きを読む…