血糖値の改善方法

まずは健康的な食生活を過ごそう

血糖値が高くても低くても、まずは正しい食生活を過ごす事が第一条件というのは言うまでもなく、もし全然食べていないのなら食べる事から始め、食べ過ぎているのなら控えるようにしましょう。

そして高血糖ならカロリーを控え、炭水化物もなるべく摂取しないようにした方が良いでしょう。血糖値を高める原因はカロリーとエネルギーなので、これらを過剰に摂取しないための努力が必要になります。

「血糖値の改善方法」の続きを読む…

血糖値が低い時の症状と対処法

健康な方の血糖値はインスリンとグルカゴンにより70から120mg/dL程度に保たれています。これより高い血糖値はもちろん、低すぎる血糖値も問題です。特に血糖値が60から50mg/dL未満だと、様々な障害が起こる恐れがあります。

異常に血糖値が低い状態と症状

まず血糖値が70mg/dL以下だと強い空腹感を感じ、あくびや悪心などの症状が表れます。血糖値が50mg/dL以下になると無気力感が強くなり、計算ができなくなったりします。

さらに血糖値が30mg/dL以下まで低い状態だと、意識を失ったり痙攣の症状が出たり昏睡状態に陥る事もあります。糖尿病で普段から血糖値が高い方の場合、それほど低くない血糖値100mg/dL程度でも低血糖となり、障害が生じる事もあります。

「血糖値が低い時の症状と対処法」の続きを読む…

血糖値を下げるためには治すという気持ちが大事

日常生活では自分の血糖値を意識しないものです。特に健康な状態だと、普通に食事したり散歩できるのが当たり前のように思っている方が多いものです。しかし体調を崩すと健康の有り難みがわかります。何となく体がだるい日が続くので調べたら血糖値が高かった。まさか自分が糖尿病とはと驚く方も多いでしょう。

「血糖値を下げるためには治すという気持ちが大事」の続きを読む…

血糖値を下げる効能のある温泉で治療する

血糖値が高い状態が続くと血液の粘性が上がって血行が悪くなり、やがて動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞へと進みやすくなります。それだけに早く治療しておくべきですが、最近テレビで話題になるのが糖尿病を改善する効能がある温泉についてです。

入浴と血糖値を下げる効能

温泉に限らず、ただのお湯に浸かる入浴でもカロリーを消費しますし、副交感神経が優位に働いて血管が開き血行が良くなる効果があります。血行が良くなると血糖が筋肉に取り込まれやすくなり、血糖値が下がります。

「血糖値を下げる効能のある温泉で治療する」の続きを読む…

血糖値を直接下げる成分は医薬品しかない!?

まず最初に血糖値を直接下げてくれる成分についてですが、インスリンというホルモンしかない事を確認しておきましょう(ちなみに血糖値を上げてくれるホルモンはグルカゴンやアドレナリン等です)。そのため、膵臓のβ細胞が死滅してインスリンが分泌しない1型糖尿病の治療は、血糖値を下げる働きがあるインスリンを投与します。

血糖値を直接下げる仕組み・成分について

生活習慣等によってインスリンの分泌や感受性が低下する2型糖尿病の治療では、経口血糖降下薬を使用します。その中の一つであるスルホニル尿素薬(SU薬)は膵臓のインスリン分泌を促進させる医薬品であり、血糖値を直接下げる成分が入っているわけではありません。

「血糖値を直接下げる成分は医薬品しかない!?」の続きを読む…

食べ物だけでは血糖値を下げる事が出来ない!?

高血糖値を下げるには、食べ物と運動に関する生活習慣改善が必要です。ウオーキングなど運動療法なし、食べ物のみで血糖値を下げるのは難しいかもしれません。食事療法と運動療法は血糖値を下げるために並行して行う必要があり、どちらかが欠けても血糖値を下げる事は難しくなります。

食べ物だけで血糖値を下げる

とはいえ食事療法の種類によっては、食べ物だけで血糖値を下げる事が可能な場合もあります。一般的に糖尿病の食事制限では、カロリー比率を炭水化物55から60%に保ちながら、総摂取カロリー制限を行います。

「食べ物だけでは血糖値を下げる事が出来ない!?」の続きを読む…

薬を使わずに食事と運動だけで血糖値を下げたい!

血糖値は、食事の摂り方や食事内容などによって上下します。まずは食物繊維豊かな野菜から箸を付けるのがオススメで、いきなりご飯など炭水化物を摂取するより、血糖値の上昇を抑えられます。

血糖値を下げる食事

血糖値を下げるには食べ合わせも重要です。ラーメンライス、ごはんとうどん、ごはんとコロッケなど、炭水化物の過剰摂取につながるような献立は避けた方がいいでしょう。

「薬を使わずに食事と運動だけで血糖値を下げたい!」の続きを読む…

血糖値の正常値はいくつ?正常範囲に戻すためには?

日本糖尿病学会の血糖コントロール指標によれば、正常な血糖値とは以下のとおりです。

・空腹時血糖値 100mg/dL未満
・食後の血糖値 140mg/dL未満
・ヘモグロビンA1c正常値* 6.2%未満
※ブドウ糖と結合したヘモグロビンで、この値が高いほど余分な糖が多いです。

空腹時とは、起床後に食事を全く摂らない状態の事で、その時の血糖値が100mg/dL未満なら正常値、109ぐらいまでが正常高値、110から125が境界型糖尿病、126以上で糖尿病となります。

年代別平均値を見ると、30代の方で95ぐらいで正常値ですが、50代では105前後と正常高値気味の方が増え、70代になると男性が112、女性が118と境界型糖尿病の方が多くなります。

「血糖値の正常値はいくつ?正常範囲に戻すためには?」の続きを読む…

食事と運動で正常な血糖値に改善しよう

過度にカフェインなどを摂らない事

血糖値を改善するにあたってバランスの良い食事を取る事はもちろん必要ですが、どんなに朝昼晩の食事を正しく摂っていても、カフェインやアルコールなどを過度に摂取していたら改善は難しいです。

例えばご飯は野菜も多く健康的なのに、毎日缶コーヒーお酒をがぶ飲みする、食後にお菓子を沢山食べる……みたいな事をしているようでは、血糖値は上がる一方で改善されません。

「食事と運動で正常な血糖値に改善しよう」の続きを読む…