糖尿病に大きな関係があるGI値の計算方法とは?

GI値は日本語にすると、グリセミック指数と呼ばれています。1981年にジェンキンズ博士によって考案されたものであり、食品によって食後の血糖値の上がり方が違うということを提唱した時のものですね。

食品によって食後の血糖値の上昇度合いが変わるのですが、相対化することによって各食材が持つ血糖値上昇を手軽に知ることができます。現在では糖尿病患者さんを初めとして、高血糖の人が血糖値をコントロールする時に食事療法の一環として良く使われているので、御存知の人も多いかもしれません。

「糖尿病に大きな関係があるGI値の計算方法とは?」の続きを読む…

高・中・低GI値の食品一覧

GI値とは食後の血糖値上昇度を表した数値のことです。糖尿病であったり、高血糖だと健康診断で言われた場合には、GI値を意識した食事を摂ることで、効率良く血糖値をコントロールすることができます。一般的に血糖値のことを考えた場合は、GI値が60未満のものを選ぶと良いと言われているので覚えておきましょう。

一般的な傾向としては肉類や魚類はGI値が低い食材が多いとされており、主食となる炭水化物はGI値が高くなっています。特に日本人の主食であるお米はGI値の高い食材なのですが、玄米に切り替えることでGI値を低くすることが可能です。

「高・中・低GI値の食品一覧」の続きを読む…

血糖値とGI値(グリセミック指数)の関係

血糖値が高い人は食事療法や運動療法を行うことによって、血糖値をコントロールしていくことが一般的です。しかし、毎日続けて行くのは難しいもので、どうしても食べたくなるという時もあります。

そうした時に意識しておきたいのがGI値という数値です。GI値とは何かと言うと、各食材がどれだけ血糖値を高めるのかというのを数値にしたものになります。つまり、GI値の低い食材を選んだり、GI値を下げる食材を利用することで、効率良く食事を楽しむことができるようになるのです。

「血糖値とGI値(グリセミック指数)の関係」の続きを読む…