血糖値の数値が気になる

「血糖値の数値が気になる」

という方は多いです。健康診断で血糖値のことを指摘されたり、血糖値の数値が高かったり。

血糖値が高いと糖尿病の恐れがあるなど、血糖値が高いのは良くないというのはみんな知っています。しかし、低すぎるのもよくありません。血糖値が低いと頭痛や寒気、吐き気やイライラや眠いなどの症状が出る人もいます。

血糖値は正常な範囲の値になっているのが良いです。

血糖値が高い人は何をどうすればいいの?

しかし、「血糖値が高い」というのは糖尿病などの大きな病気の原因にはなりうるものの、血糖値が高いこと自体は病気ではないし体調が悪くなるなどの症状もないため、対処を先延ばしにしてしまったりする人も多いようです。

  • 医者に血糖値が高いと言われた
  • 健康診断などの検査で血糖値が正常値を超えていた

そんなとき「じゃあ血糖値を下げるように気をつけよう」とは思っても「何をどうしたらいいかわからない」から何もせず、「食事に気をつけよう」となんとなく思うくらいで終わってしまう。

「食事に気をつける」のはわかっていても、でも食べたいし、身体に不調があるわけでもないし、「1回くらいはいいか」「今日くらいはいいか」と妥協してしまう。

これが「糖尿病」などの病気だったり、あきらかに体調が悪かったりした場合はちゃんと気をつけると思うのですが、まだ自覚症状もない段階、「血糖値が高いですね」という段階では気にはなっても具体的に改善のための行動を起こせない人も多いと思います。

血糖値を下げるための行動を起こすには

血糖値が高いことがわかっても具体的な行動を起こせない場合は、何をどうしたらいいかわからないというケースが多いでしょう。

これは食べていい?
これは大丈夫?

いちいち気にしていたら大変です。

「食べたいものを食べたいときに食べれない」という不都合もあるでしょう。

それでも、”血糖値が正常値に下がるまで”は我慢しましょう。

血糖値が高い状態を放置して糖尿病などになったら、もっと我慢しなきゃいけないし辛い思いもすることになるし、治療にお金もかかります。

そうは言っても人間の心は弱いもの。我慢しなきゃとは思っていても、まだ追い込まれていない状態ではどうしても妥協してしまったり誘惑に負けてしまったり自分に言い訳をしたりしてしまいます。そもそも我慢しなきゃいけないことを忘れてしまうときもあるでしょう。

行動を続けるための秘訣

人間には「一貫性の原理」という心理があるので、例えば血糖値によいと言われるサプリを飲むだけでも、毎日飲み続けていれば「血糖値を下げる対策をしている」という行動によるコミットメントから意識も変わり、より食事に気をつけるようになったり運動を取り入れる気になったり色んな情報が入ってくるようになったりします。

毎朝野菜ジュースを飲むでもいいです。そしてできれば他人に言うこと。「血糖値を下げるサプリを飲んでる」でも「毎朝運動してる」でも何でもいいので宣言することで行動が継続しやすくなります。家族でもいいです。

頭で考えているだけと実際に毎日何かしらの行動しているのでは全く違います。

毎日何かの行動して、人に宣言するなど「どれだけ行動したか」と「どれだけ続けたか」でコミットメントは強まっていきます。

ちなみに、長く継続することが重要なのでいきなりガラッと変えようとすると継続ができないので少しずつ変えて時間をかけて大きくしていくのをおすすめします。

長距離のマラソンのようなもので、体力のあるスタート時点で全力疾走してしまうと長い距離は走れません。習慣化も同じで最初に頑張りすぎると続けることができないので「もっとできるのに」ともどかしく思うくらい小さなことを「続ける」という意識でスタートすることが大事です。

血糖値の数値を正常な範囲に留めておくために、普段の生活や食事などを気をつけたいですね。

血糖値の正常範囲

ちなみに血糖値の正常範囲は

  • 空腹時で80~110mg/dl未満
  • 食後で80~140mg/dl未満

が正常範囲です。正常範囲内でも空腹時で100~110mg/dl未満は正常高値と言って「正常の範囲内だけど血糖値高めだから注意しようね」というゾーンになります。

それを越えると糖尿病に気をつける必要が出てきます。

糖尿病が疑われる血糖値の数値

  • 空腹時で126mg/dl以上
  • 食後で200mg/dl以上

空腹時で126mg/dl以上、食後で200mg/dl以上だと糖尿病が疑われる値になります。

境界型糖尿病の血糖値の数値

  • 空腹時で110~126mg/dl未満
  • 食後で140~200mg/dl未満

空腹時で110~126mg/dl未満、食後で140~200mg/dl未満だと境界型糖尿病と言われ、糖尿病というほど血糖値が高くはないけど正常の範囲を超えている、糖尿病と正常の境目にあるという意味で境界型糖尿病と呼ばれます。

境界型糖尿病の段階では糖尿病のような自覚症状はほとんどありませんが、数年以内に糖尿病を発病する確率が高いことが明らかになっています)

※空腹時の血糖値とは、9時間にわたって絶食した後に計測した血糖値です。

血糖値を下げるにはどうすればいい?

血糖値が高いと何とかして血糖値を下げたい、血糖値を下げるにはどうすればいいんだろう?と考えると思います。

血糖値を下げるためにまず思いつくのは「血糖値を下げるにはどんな食材を取ればいいか?」、血糖値を下げる成分や血糖値の上昇を抑える成分などを食事やサプリなどで摂取しようということです。

血糖値を下げると言われている食品として、野菜がいい、トマトがいい、バナナがいい、オリーブオイルがいいなど、血糖値に良い・血糖値を下げると言われている食材はいろいろあります。どんな食材をどんなレシピで料理すればいいかなどはネットを検索すればたくさん出てきますね。

食品なら市販の薬と違って副作用を心配しなくていいから摂取もしやすい反面、適切な量を摂取するのが難しいという問題もあります。

トマトジュースなどは比較的量を摂取しやすいし、サプリメントもDHCなどドラッグストアに売っているようなものから血糖値が高い人のために開発されたような専門のサプリメントもあり、そういったものを併用してうまく栄養を取っていきます。

血糖値が高い人は食事など生活習慣に気をつける必要があります。

血糖値を下げたい人に読んでもらいたい情報

当サイトでは血糖値を下げたい人に読んでもらいたい情報として以下のカテゴリを設けています。

カテゴリごとにいろいろな記事があるのでぜひ参考にしてみてください。